~運営理念~
私たちの仕事は お年寄りに満足してもらうこと
      満足を測る物差しのひとつに 心からの笑顔がある
  この笑顔とは、お年寄りだけではなく、家族も介護スタッフも地域住民も含んだ皆の笑顔である
 
お年寄りを寝たきりにしない、させない。
   お年寄りの生活習慣を守る。
     お年寄りの主体性・自発性を引き出す。

頭の体操に力を入れています♪

頭の体操とは・・
  • 利用者のみなさんが生き生きと暮らせるお力になれるように、頭の体操を通して認知症の維持・改善・予防を目指しています。
  • 時にはゲームを楽しんでいます
  • はり絵をしておられる様子
頭の体操とは・・
頭の体操は簡単な計算と音読を中心とする教材を学習者(ご利用者)と支援者(スタッフ)がコミュニケーションをとりながら学習することにより、利用者の方の認知機能やコミュニケーション機能、又は身辺自立機能の維持、改善をはかることが目的です。
個別対応の頭の体操は2005年から始めており、利用者それぞれに合った計算プリントや音読をしていただいている。達成感・充足感を持っていただくために、自分の力ですらすらと学習できるプリントや教材を提供し、100点満点をとっていただくことを原則としています。
また、利用者の方、個々人の生育歴、職歴、既往症などを把握した上で、個々の声かけ、認めて誉めることを重点的に実施しています。
頭の体操でみられる効果として、
?笑顔が増えた
?自分の意思がはっきりしてきた
?表情が穏やかになった
?帰宅願望が減った
?スタッフとの信頼関係が深まった
などがあげられます。

1年に2回行っている認知機能検査では、頭の体操をしている利用者の方の64%が現状を維持し、そのうち50%がさらに改善していることが明らかになりました。
頭の体操開始時から2年以上検査得点を維持している利用者や、常に満点をとっている利用者が10%以上見られることは特記すべきことだと考えております。